利便性の高いところに新築一戸建てを購入するならときのコツを伝授!

間取りづくりのポイント

ハウス

まずは家族でよく話し合う

滋賀県に新築一戸建て建てる場合、家の使い勝手の善し悪しは「間取り」が大きなポイントとなります。間取りは土地の大きさ、形、住む人のライフスタイルで大きく変わります。滋賀県に新築一戸建てを建てた後で後悔することのないように、間取りづくりで気をつけたい基本的なポイントを押さえましょう。一般に構造や性能が良いと言われるもの全てを使っても、必ずしも良い家はできません。部分にこだわり過ぎると全体のバランスを見失ってしまいます。間取りとは家族の生活そのものです。良い間取りからはその人がどう暮らしたいのかが見えてきます。まずは、どんな生活をしたいのかを家族でよく話し合いましょう。どのような住まい方をしたいのかを考えることで、初めて必要な機能や広さが決まります。設備やデザイン、部屋の広さなど、部分的な情報をつなぎ合わせても良い間取りはできません。まずは、夫婦の過ごし方、子どもの育て方など、暮らし方、住まい方についてじっくりと話し合うことが大切なのです。そこから必然的に生まれる間取りをまとめるのが滋賀県の新築一戸建ての設計作業です。そして、法的条件をきちんと確認し、工法・構造などの方向性を考えます。滋賀県に建てる新築一戸建ての形絶対条件となる建築基準法(建ぺい率、容積率など)の形態規制は、役所で調べられます。また、木造、鉄骨、RCなどの工法についても検討します。防火規制でRCや鉄骨などにする必要がある地域もあり、構造上の制約が間取りにも影響します。